画像データについて

解像度&サイズなど

PhotoshopCS6まで対応しています。
画像データは基本的に実寸サイズで解像度100dpi以上でご用意下さい。
保存形式はEPSもしくはPSDでお願いします。
アタリ画像で作業をされる場合、画像データは必ず実データから作成し、実データと置換えが効くようにして下さい。
(ファイル名は、アタリ用と実データの判別ができるようにお願いします)

レイヤーの保持

合成されているデータは、レイヤーを保持したデータも添付して下さい。

スキャニングデータや修正した画像の注意点

スキャニングデータや修正した画像も、看板のように大きく使う場合にはホコリや傷、粗い修正などは目立ってしまう事があります。

JPEG画像や画質の悪いデータについて点

JPEGや画質の粗いものなどは、ムラ、ヨゴレなどが浮き出てきやすいです。

前のページに戻る